男女

ランキングをチェック【魅力的な結婚指輪を手に入れよう】

二人の絆の証を形に

リング

結婚の初めの一歩

婚約指輪は結婚する上で避けては通れない道の一つでしょう。ではどういう物を選ぶと良いか話していきましょう。日本では一般的にダイヤの婚約指輪が多く見られますが、海外では女性の誕生石を贈ることも多いです。ただしこれがなかなか難しくルビーやサファイアといった有名な石であれば贈りやすいのですが、ラピスラズリや真珠だと婚約指輪として伝わりづらい可能性があるのです。なので誰にでも贈りやすく一番有名なダイヤの婚約指輪を選ぶのは無難な選択と言えるでしょう。これまでダイヤの婚約指輪と言えば給料3か月分とよく言われていますが、実際その金額の物を選ぶ方は少ないのですがそれに近い金額は必要になってくると言えるでしょう。

これからの選び方

ダイヤの婚約指輪を選ぶ際必ず聞くのが4Cという単語があります。カラット(大きさ)、クラリティー(透明度)カラー、カットの頭文字で4Cなのですが重要視するのはカラットとカットになります。クラリティーとカラーはある程度の水準の物を選ぶと一般の方には区別がつかないので重要度はあまり高くありません。しかしカラットとカットは見た目に大きく影響するのでここに気を使うといいでしょう。0.3カラットの物と0.5カラットものだと直径で約1ミリ違うのですがこれが結構大きな差になります。またカットはダイヤの輝きの重要な要なのでこれが悪いとせっかくのダイヤが綺麗に輝かずくすんだ様に見えてしまいます。なのでカットに置いてはハートアンドキューピッドというカットがあるのでそれに近い物を選ぶといいでしょう。